アメリカ在住の日本人数

日本人人口

アメリカに暮らす日本人は約50万人と見積もられています。在米日本人の数は過去数十年、増加傾向が続いています。

外務省が管理する在留邦人届に基づいたアメリカ在住者は42万6206人、国別では第1位です(2017年)。日本国籍を持ち、3ヵ月以上海外に滞在する人が在留届を各地の領事館に提出します。任意の届け出なので提出しない人もいますし、3ヵ月未満の短期滞在は届け出が不要です。

アメリカ在住の日本人は20年で1.5倍増加

アメリカの日本人人口
出典:外務省領事局

過去20年で見ると、在米日本人は1997年の28万4006人から50%増となっています。海外在住の全体数も1997年の78万2567人から2017年の135万1970人と73%増で、日本人にとって国外で暮らすことがより一般的になってきていると言えます。

米国永住者の割合が拡大

アメリカの永住者、一時滞在者
出典:外務省領事局

最近の特徴として、米国永住者の増加が目立っています。1997年には全体の約3分の1だった永住者ですが、現在は長期滞在者との比率が半々に近づいています。「長期滞在」とは通常ビザを取得しての滞在で、企業の駐在員や留学生がその代表です。近年はビザが取りにくいといった背景から、永住権、さらには米国市民権を取得する人が増えています。

この統計には市民権を取って日本国籍を失った人は含まれていませんが、その人達を「日本人(日本出身者)」として含めると永住者の割合はさらに増えることになります。

日本人が最も多い地域はロサンゼルス

地域別の人口では以下が上位となっています(出典:外務省領事局)。

  1. ロサンゼルス (95,861人)
  2. ニューヨーク (80,563人)
  3. サンフランシスコ (45,005人)
  4. シカゴ (34,050人)
  5. デトロイト (27,737人)

ロサンゼルスは世界の地域別で見ても第1位で、日本人が最も多い地域となっています。

*備考:在外公館の管轄ごとによる集計であるため、厳密な都市別の数字とは異なる

米国勢調査の”Japanese”は130万人

アメリカの日系人
日系人口の構造

アメリカの国勢調査であるUS Censusによると、”Japanese”の人口は約130万人となっています。その定義は「日本のルーツを持つ人」と広く、アメリカ生まれの市民である日系二世やそれ以降の世代、上記のような日本国籍の人、日本出身でありながら市民権を取得して帰化した人など様々です。

そのうち日本語を理解するのは約半数、60~65万人と言われています(母国語、外国語としてなどレベルは問わず)。その中の42万人が在留邦人届を提出している日本国籍保持者ということになります。

ちなみにアメリカの総人口は約3億3000万人であるため、130万人のJapaneseはそのわずか0.4%です。

独自の在米日本人調査を実施

Cimplex Marketing Group, Inc.では、各種統計をまとめた在米日本人の人口データ、独自の調査による市場規模、インタビューやアンケートを通じた消費動向を保持しています。ご質問があれば下記フォームよりお問い合わせ下さい。

~Cimplex Marketing Group, Inc.について~
当社は日本企業のアメリカ市場開拓を支援するマーケティング会社です。

ロサンゼルスと東京に拠点を置き、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ヒューストン、ワシントンDC、カナダをはじめとするネットワークによって、北米規模でのプロジェクト実施を可能にしています。

主要サービスは市場調査販売促進法人設立で、進出の基盤づくりから販路の拡大、プロモーション、商品開発、ブランディングに至るまで、アメリカにおける事業展開を戦略的にサポートできるユニークな存在です。

アメリカで“売る”ことをお考えでしたら、tokyo@cimplexusa.comにお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す