春先のクリスマス化?アメリカのイースター事情

イースターとは

2019年3月更新: 2019年のグッド・フライデーは4月19日、イースター・サンデーは4月21日です。翌22日(月)まで休暇の人や休業の会社もあります。

11月の感謝祭(サンクスギビング)や12月のクリスマスなどは、アメリカの大型連休としてよく知られています。小売店やサービス業も、感謝祭やクリスマスの当日は休業にするところが多く、日本の元旦に似た祝日となっています。

ところが最近、春にもこういった連休を取る傾向が強まっています。それが「イースター(Easter)」です。

イースターはキリストの復活を祝う祭りで、年によって日にちが変わります。3月下旬から4月のある日曜日が「イースター・サンデー」となり、その直前の金曜日が「グッド・フライデー」とされています。どちらもアメリカの祝日ではありませんが、この期間に有給休暇を使う人や休業にするビジネスが増えてきているのです。3月下旬から4月にかけては、ちょうど学校の春休みとも重なります。そのため、特に子供を持つ親たちはこの時期に連休を取りたがります。

クリスマス並みの休業、商戦

この数年はイースター・サンデーに休業する大型店が多く、消費者を混乱させています。Target、Costco、Macy’s、Best Buyなどがその例です。大型ショッピングセンターも全館休業するところがあります。ソーシャルメディアなどには「イースターはいつからこんなにビッグになったんだ?」といった書き込みがよく見られます。

イースター商戦も年々激化しており、教会に行くための春らしい服装、エッグハントのためのグッズやお菓子などに始まり、最近は「家族や友人にイースター・ギフトを贈ろう!」というキャンペーンも広まり、さながらクリスマスのノリになってきています。

こういった動きが信仰と深く関わっているとは考えにくく、むしろ働きづめのアメリカが休息を必要としていることの表れではないかと思います。企業は当然、新たな商機を作り出そうとしています。

2016年のグッド・フライデーは3月25日、イースター・サンデーは3月27日です。翌28日まで休暇の人や休業の企業もあります。

この時期、アメリカに出張や旅行に来られる方は十分ご注意下さい。

*アメリカの祝日や休業日に関する情報は→こちらのブログ記事を参考

~Cimplex Marketing Group, Inc.について~
当社は日本企業のアメリカ市場開拓を支援するマーケティング会社です。

ロサンゼルスと東京に拠点を置き、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ヒューストン、ワシントンDC、カナダをはじめとするネットワークによって、北米規模でのプロジェクト実施を可能にしています。

主要サービスは市場調査販売促進法人設立で、進出の基盤づくりから販路の拡大、プロモーション、商品開発、ブランディングに至るまで、アメリカにおける事業展開を戦略的にサポートできるユニークな存在です。

アメリカで“売る”ことをお考えでしたら、tokyo@cimplexusa.comにお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す