定量調査ケーススタディ

アンケート実績例

日本食に関するアンケート 日本食消費に関するアンケート
アメリカ人の日本食消費に関する総合的なアンケート

  • 定数: 都市部在住者 700+
  • クライアント: 複数の食品メーカー、日本食レストラン
  • 設問数: 15問 + プロフィール
  • 言語: 英語
  • 特徴・結果:アメリカ人がいつ、どこで、誰と、いくらくらい日本食を消費しているのか分析された。近年ブームになっている高級日本酒に関する知識やブランド認知、日本食に関する情報の入手経路などが明確になり、クライアント企業の今後のマーケティング活動に利用できる有益なデータが出た。

アメリカ人 日本食 食品ブランドに関するアンケート
アメリカ人の食品ブランドの認知を調査するアンケート

  • 定数: 都市部在住者 100
  • クライアント: 大手食品メーカー
  • 設問数: 10問 + プロフィール
  • 言語: 英語
  • 特徴・結果: クライアントがターゲットとする属性に絞り込んだスピーディなアンケートを実施。食品ブランドに加え、著名なシェフに関する設問もあり、認知度や印象の実態を把握。クライアント企業の新ブランド立ち上げの参考情報となる統計を出した。

アジア アメリカ アンケート パーソナルケアに関するアンケート
アジア系女性のパーソナルケア製品の消費、嗜好、ブランド認識を検証する調査

  • 定数: アジア系女性(日本、韓国、中国、台湾) 100
  • クライアント: 大手パーソナルケアメーカー
  • 設問数: 20問 + プロフィール
  • 言語: 英語、簡体字、繁体字、韓国語
  • 予算: $7000
  • 特徴・結果: カリフォルニア在住のアジア系女性を対象にした定量調査。当社が独自に管理する調査モニター”American Voice“(アジア系が多数登録)を活用し、オンラインとオフラインでの実査を行う。アンケートフォームを4ヵ国語で用意し、言語によるハンデを解消し正確な回答の収集につなげた。

テレビ視聴 テレビの視聴に関するアンケート
テレビ視聴の実態を調査するアンケート

  • 定数: 在米日本人 200
  • クライアント: コンテンツ配信サービス
  • 設問数: 20問 + プロフィール
  • 言語: 日本語
  • 特徴・結果: 全米の日本人を対象に、視聴するテレビ番組、講読する有料サービスと料金、日本語放送の有無などを調査するアンケート。当社が独自に管理する調査モニター”American Voice“(日本人も多数登録)を中心にリクルートし、効率的な実査を行う。クライアント企業の新規事業立ち上げの判断材料となる統計を提供した。

アメリカ人 アンケート 商品名に関するアンケート
特定の商品名に関して、アメリカ人がどのような印象を持つか検証する調査

  • 定数: 英語を母国語とする都市在住者 25
  • クライアント: 大手食品メーカー
  • 設問数: 7問 + プロフィール
  • 言語: 英語
  • 予算: $1000
  • 特徴・結果: 日本のメーカーがアメリカ向けに開発する商品の名称を、ミニアンケート形式で調査。商品名に対する印象、商品名から連想するもの、好き嫌いなど忌憚のない意見を徴収。当社が独自に管理する調査モニター”American Voice“を活用し、短期で回答を得た。

 →定性調査のケーススタディを見る
 →市場調査のサービス紹介に戻る