調査パネル American Voice

Cimplex Marketing Groupは自社で消費者の調査パネル管理し、これを利用した「American Voice」という調査サービスを提供しています。アンケートやインタビューにおけるリクルーティングを、スピーディに効率よく行うことが可能です。

調査パネルの特徴

  • 全米から約6000人が登録(2017年9月現在)
  • 様々な属性(人種、年齢、言語、年収、婚姻、家族構成など)
  • 日本の文化や食への興味が高い消費者多数
  • 在米日本人の登録も多数

中心的な属性グループ

1)アジア系アメリカ人
人口2000万人でアメリカ全体の6%、増加率が最速の人種グループ。教育水準、世帯年収、平均寿命が人種別でトップ。推定購買力は7200億ドル(86兆円)。外国生まれが6割と移民が多く、母国の影響を受けやすい。多くの日本製品・サービスが、アメリカ市場で最初に狙うターゲット層。
アジア系アメリカ人
2)ミレニアルズ(Y世代)
20~40歳の若いグループで人口8000万人、全体の4分の1を占める最多世代に成長し、社会・経済の中心となった。白人と非白人の割合はほぼ半々。トレンドに敏感で、何に対してもオープン、デジタルでの情報収集が得意。ラーメン、ハローキティ、アニメ、ハイチュウといった日本文化に最初に飛びついたのもこの世代。
ミレニアルズ Y世代

American Voiceの優位性

  • アメリカ人をすぐリクルートできます
  • すべての調査プロセスを自社で行います
  • バイリンガルスタッフによるコーディネート
  • 「日本企業の視点」で調査
  • アメリカの調査手法、ガイドラインを遵守

American Voiceの活用実績例

日本食に関するアンケート 日本食消費に関するアンケート
アメリカ人の日本食消費に関する総合的なアンケート

  • 定数: 都市部在住者 700+
  • クライアント: 複数の食品メーカー、日本食レストラン
  • 設問数: 15問 + プロフィール
  • 言語: 英語
  • 特徴・結果:American Voiceと他のリクルーティングツールを組み合わせることで大きな定数のアンケートを2週間で、低コストで実施。

アジア アメリカ アンケート パーソナルケアに関するアンケート
アジア系女性のパーソナルケア製品の消費、嗜好、ブランド認識を検証する調査

  • 定数: アジア系女性(日本、韓国、中国、台湾) 100
  • クライアント: 大手パーソナルケアメーカー
  • 設問数: 20問 + プロフィール
  • 言語: 英語、簡体字、繁体字、韓国語
  • 予算: $7000
  • 特徴・結果: カリフォルニア在住のアジア系女性を対象にした定量調査。アジア系も多数登録するAmerican Voiceを活用し、オンラインとオフラインでの実査を行う。アンケートフォームを4ヵ国語で用意し、言語によるハンデを解消し正確な回答の収集につなげた。

アメリカ 商品テスト フォーカスグループと試食テスト
加工食品に関する嗜好、消費実態の検証と試作品のテスト

  • 定数: 日本人女性 20
  • クライアント: 食品メーカー
  • インタビュー: 90分 x 2グループ
  • 言語: 日本語
  • 特徴・結果: 新商品の開発にあたり、ターゲット層の好む味、パッケージ、ネーミングなどを掘り下げるとともに、試作品を試食、評価してもらう商品テストを実施。在米日本人も多数登録するAmerican Voiceを活用し、発注から実査まで10日というスピーディなサービスを提供した。

ロサンゼルス グループインタビュー フォーカスグループと商品テスト
在米日本人のテレビ視聴の実態把握、および商品テスト

  • 定数: ロサンゼルス在住日本人 40
  • クライアント: 映像コンテンツ配信サービス
  • インタビュー: 90分 × 4グループ
  • 言語: 日本語
  • 予算: $13,000 (リクルーティング、モデレーション、同時通訳を担当)
  • 特徴・結果: 日本の映像コンテンツをアメリカで配信するにあたり、在米日本人の興味とニーズを検証するフォーカス調査。コンテンツの嗜好や消費実態を掘り下げるとともに、サンプル映像を視聴して評価してもらう商品テストを実施。当社が独自に管理する調査モニター”American Voice“を活用。

 →市場調査のサービス紹介に戻る