ウェブサイト制作、オンラインマーケティング

ウェブサイト制作、ロサンゼルス

ウェブサイトやソーシャルメディアなどのオンライン媒体はアメリカで欠かすことのできない営業ツールです。紙媒体への依存が日本よりもはるかに低く、多くの情報がウェブやアプリを介してやり取りされるため、企業はオンラインマーケティングに非常に力を入れています。

別の言い方をすれば、ウェブサイトやソーシャルメディアアカウントはその会社の印象を決定づけます。アメリカ人はまずウェブサイトを見てそのビジネスが信用できるかチェックしますし、ソーシャルメディアも企業規模やブランド力を知る指標として確認します。これらが整っていないと、それだけで印象を低下させてしまいます。

ロサンゼルスを拠点とする当社は長年、マーケティング会社という立場でウェブサイトを制作し、それを通じたオンラインマーケティングを手掛けてきました。ただ見栄えの良いサイトを作るのではなく、「マーケティングツール」としての機能を重視しています。

マーケティングツールとしてのウェブサイト

‐ アメリカ人、英語圏の人にアピールできるデザイン、コンテンツ
‐ パソコン、タブレット、スマホのどれでもきれいで見やすいデザイン
‐ アクセスを獲得しやすい構造、機能
‐ 検索エンジンで結果に出やすいコンテンツ、機能
‐ ソーシャルメディアで取り上げやすい、共有されるコンテンツ、機能
‐ アップデート情報が簡単に更新できる機能
‐ 信頼、問い合わせ、営業、集客につながるコンテンツ、機能

Cimplexのサービス

ウェブサイトの制作、維持・管理、オンラインマーケティングを一貫して行います。企業のニーズに合わせて「オンデマンド」と「サブスクリプション」のサービスを用意しています。

詳しくはこちらのオンラインフォームからサービス案内「ウェブサイト制作、オンラインマーケティング」をご請求下さい。

オウンドメディア

jfood411.com

当社は企業のウェブサイト制作のほかに、自社企画のオンライン媒体を保有しています。日本食の海外におけるプロモーションのためにJfood411という英語サイト、ソーシャルメディアアカウントを運営し、企業の広報活動に役立てていただいています。

自社でサイトを運営することで、英語サイトとして求められているコンテンツや機能、デザインや演出のトレンド、検索エンジン対策、トラフィックの解析といったあらゆる研究につながり、より質の高いサービスを提供できるようになっています。

英語ウェブサイトでやってはいけないこと

1)日本語サイトの翻訳
会社データなどを除いて英語でオリジナルのコンテンツを作ることが重要です。言語が変わればそれを読む人も変わります。アメリカ人はまったく異なる視点を持っていたり、興味がある部分が違ったりします。
2)無料ブログサービスを利用
日本にはアメブロなどの無料ブログサービスが多く、利用しているビジネスが多いですが、非常にアンプロフェッショナルに見えます。アメリカではこういったブログサービスが発達しなかったこともありますが、企業の更新情報はサイトの中に入っている必要があります。
3)会社独自のドメイン、メールアドレスを持たない
年間10ドルで独自ドメインが取得できて、100ドルでホスティングサーバーとメールアカウントが利用できる時代です。これらを持たないビジネスは信頼を低下させます。

お問い合わせ

ウェブサイト、オンラインマーケティングに関するご相談、見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。
info@cimplexusa.com