March 1, 2016 | Posted in ビジネストレンド | By

Social SharingShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on RedditShare on Google+Email this to someonePrint this page

11月の感謝祭(サンクスギビング)や12月のクリスマスなどは、アメリカの大型連休としてよく知られています。
小売店やサービス業も、感謝祭やクリスマスの当日は休業にするところが多く、日本の元旦に似た祝日となっています。

ところが最近、春にもこういった連休を取る傾向が強まっています。それが「イースター」です。

イースターはキリストの復活を祝う祭りで、年によって日にちが変わります。3月下旬から4月中旬のある日曜日が「イースター・サンデー」となり、その直前の金曜日が「グッド・フライデー」とされています。どちらもアメリカの祝日ではありませんが、この期間に有給休暇を使う人や休業にするビジネスが増えてきているのです。3月下旬から4月にかけては、ちょうど学校の春休みとも重なります。そのため、特に子供を持つ親たちはイースターに合わせて連休を取りたがります。

この数年はイースター・サンデーに休業する大型店が多く、消費者を混乱させています。Target、Costco、Macy’s、Best Buyなどがその例です。大型ショッピングセンターも全館休業するところがあります。ソーシャルメディアなどには「イースターはいつからこんなにビッグになったんだ?」といった書き込みがよく見られます。

イースター商戦も年々激化しており、教会に行くための春らしい服装、エッグハントのためのグッズやお菓子などに始まり、最近は「家族や友人にイースター・ギフトを贈ろう!」というキャンペーンも広まり、さながらクリスマスのノリになってきています。

こういった動きが信仰と深く関わっているとは考えにくく、むしろ働きづめのアメリカが休息を必要としていることの表れではないかと思います。企業は当然、新たな商機を作り出そうとしています。

2016年のグッド・フライデーは3月25日、イースター・サンデーは3月27日です。翌28日(月)まで連休を取る人が多いと見られています。
アメリカへの出張や業務進行においては十分に注意して下さい。

*当社は通常どおり土日の休業のみです。

Social SharingShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on RedditShare on Google+Email this to someonePrint this page